マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

外国語学部

国際教養
コミュニケーション専攻

国際教養
コミュニケーション専攻とは

確かな英語力と、国際協力・国際文化・英語教育など専門知識を学び、グローバル社会で活躍する力を養います
確かな英語力と、国際協力・国際文化・英語教育など専門知識を学び、グローバル社会で活躍する力を養います

確かな英語力と、国際協力・国際文化・英語教育など専門知識を学び、グローバル社会で活躍する力を養います

コミュニケーションの第一歩となる確かな語学力と幅広い教養、異文化理解、世界の現実に向きあい共生社会の実現に向けて行動を起こす力などを身につけます。興味や将来の希望に応じた3コース制で、自ら見て、感じ、学ぶ姿勢のもと地球市民として活躍できる人になることを目指します。

5つのポイント

point
01
世界の現実に向き合い、行動できる人になる。国際協力コース

カンボジアやネパールなど開発途上国でのフィールドワークをはじめ、実際の国際協力現場を体験し考える学びを重視しています。国際協力の現場を知る教員が実際の活動と研究成果に基づき指導します。国際協力の専門科目は21科目を開講。グローバルな視点で自立と共生を実践できる人を目指します。

point
02
世界の多様な文化を認め、多文化共生社会の実現を目指す人になる。国際文化コース

映画・演劇・政治・社会・歴史などをテーマに、実体験から学ぶフィールドワークで各国の文化に触れ、多角的に分析・考察します。世界の多様な文化を認め、交流を促進し、豊かな多文化共生社会を担っていく人になることを目指します。

point
03
グローバル社会に直結した外国語教育ができる英語教員になる。英語教育コース

中学校・高等学校でのインターンシップ、児童英語教育プログラムなど、実体験を重視した学習で実践力を磨きます。アクティブラーニングの手法も取り入れ、これからのグローバル社会に直結した外国語教育を指導できる英語教員を目指します。

point
04
留学先はアメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド・イギリス・中国・トルコ・タイ・マレーシアなど

春期・夏期休暇を利用して参加できる「短期語学留学」、休学せずに参加できる「長期語学留学」や「交換留学」など、多彩なプログラムを設置しています。単位認定や奨励金制度もあるほか、特別選抜プログラム「Bunkyo GCI」を履修すれば、さらにグローバルキャリアを育む学びが可能です。

point
05
自分から外国語で話すようになる、語学学習環境

習熟度別少人数制の英語の授業や、世界各国の留学生と気軽に英会話や中国語会話を楽しめる「チャット・ラウンジ」独自のe-Learning教材での学習、など充実した語学学習環境により使える語学スキルを身につけます。

4年間の学び


1年次
英語力を高め、コミュニケーションスキルを養う
2年次
国際性を養い就業力を高める専門科目で自身の世界を広げる
3年次
国際協力、国際文化、英語教育の3コースでより専門的に学ぶ
4年次
卒業論文で研究テーマの集大成

習熟度別の少人数クラスで、毎日英語の授業があり、語学スキルとコミュニケーションスキルを徹底的に学びます。TOEICや英検等の資格対策科目も1年次から導入しています。

英語力+αの学びとして、国際協力、国際文化、英語教育領域の専門的な学びが始まります。また、留学やフィールドワーク、学校インターンシップといった実践・体験型プログラムを通して実践力を身につけます。

ゼミナールで自分の学びたい研究テーマを深く掘り下げます。世界の現実を知り「何ができるのか」を考えたり、言語や文化の実地調査を行う海外フィールドワーク等、より実践的な学びを展開します。

ゼミナールで研究してきた自身のテーマを卒業論文として形にします。 今まで実践を通して身につけた力を活かし就職活動に臨みます。担当のキャリアセンター専門スタッフとゼミの教員が手厚く親身にサポートします。

私の1週間

英語コミュニケーション学科 3年

富岡 美波

この時間割の履修計画のポイントは、自分の興味がある科目を取ること。学びへの意欲が生まれ、積極的に授業に参加できました。2年次後期のオーストラリアへの短期留学に備え、前期ではエッセイライティングの力を伸ばすために「 Academic Writing 」を履修。ネイティブの先生が丁寧に教えてくださり、自信を持って留学に臨めました。

※2年次前期 2019年度のカリキュラム

この時間割の履修計画のポイントは、自分の興味がある科目を取ること。学びへの意欲が生まれ、積極的に授業に参加できました。2年次後期のオーストラリアへの短期留学に備え、前期ではエッセイライティングの力を伸ばすために「 Academic Writing 」を履修。ネイティブの先生が丁寧に教えてくださり、自信を持って留学に臨めました。

資格・就職

  • 目指せる資格
    • TOEIC®
    • TOEFL®
    • 実用英語技能検定
    • 通訳案内士
    • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)
    • コミュニケーション検定(上級・初級)
    • ITパスポート試験
    • システムアドミニストレータ
    • Microsoft Office Specialist
    • 秘書技能検定
    • 中学校教諭一種免許状(英語)
    • 高等学校教諭一種免許状(英語)
  • 就職率
    2020年3月卒業生 98.2%(学部全体)
  • 主な就職先
    建設/製造業/インフラ/情報通信業/運輸・郵便/卸売業/小売業/金融業・保険業/不動産業・物品賃貸業/専門・技術サービス/宿泊・飲食/生活関連・娯楽/教育/医療・福祉/その他サービス/公務・その他/進学 など

外国語学部 英語コミュニケーション学科