マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

人間学部

児童発達学科

児童発達学科とは

一人ひとりの個性を理解して
子どもの自主性を尊重する先生になる
一人ひとりの個性を理解して
子どもの自主性を尊重する先生になる

一人ひとりの個性を理解して
子どもの自主性を尊重する先生になる

子どもの成長を導くものは、子ども自身の内に湧き上がる好奇心や探究心。一人ひとりの可能性をつぶさに見つめて、信じ抜くこと。これこそが、子どもが持つチカラを引き出す先生へのスタート地点です。

5つのポイント

point
01
保育士、幼稚園教諭に加え、小学校教諭一種免許状が取得可能

幼児期から児童期は人間の成長において需要な時期です。児童発達学科では、それぞれの発達段階を体系的に学びます。保育士や幼稚園教諭、小学校教諭といった養成課程の学びに加え、大学時代に身につけておくべき社会人基礎力も養うことができるカリキュラムを組み、保・幼・小、すべての現場に貢献できる教育者を目指します。

point
02
多様性を理解して尊重できる人になる「ダイバーシティ学習」

一人ひとりの違いを認める多様性の理解は、保育者・教育者に欠かせない資質です。本学の建学の精神「自立と共生」に基づく「人間共生論」をはじめ、複数の科目に「多様性(ダイバーシティ)学習」を反映しています。

point
03
子どもの能力を引き出す立場になる「エンパワーメント教育」

人が潜在的に持っている力を信じ、引き出すことをエンパワーメントといいます。文京学院大学では、まず教員がこの考え方を持ち、学生に接しています。課題や実習、学生生活のさまざまな場面で、思いきり力を発揮してください。

point
04
学びの3つの柱「英語力・異文化理解」「地域支援」「表現力育成」

本学科では、社会の期待に応えられる保育者・教育者になるため、豊富な対応力を養う「英語力・異文化理解」、現代の課題に取り組む「地域支援」、実践力を高める「表現力育成」の3つの柱を中心とした関連科目を入れ、カリキュラムを編成しています。

point
05
学びを即実践できる環境、子育て支援施設「ふらっと文京」や併設幼稚園

キャンパス内に子育て支援施設「ふらっと文京」や幼稚園を併設しています。1年次から併設幼稚園でのボランティア活動に参加できます。年間を通して園児と関わることができるので、講義や実習で身につけたスキルを発揮したり、担任の先生としての心構えを養いながら、知識の定着を促します。

4年間の学び

1年次
保育・教育の基礎を学ぶ
2年次
後期から実習がスタート
3年次
3つの実習で実践力をアップ
4年次
強さを磨き、希望する進路を確定

専門分野に触れ、保育や教育への考察を深めます。社会人としての資質を身につける「実習基礎演習」では、早期から将来を意識して学びます。

資格取得に必要な教職科目や保育科目を履修。後期は併設幼稚園で「幼稚園実習」を実施。自主ゼミや「学校インターンシップ」「教員採用試験対策講座」も始まります。

  • 幼稚園実習(後期)1週間

最も実習の多い学年です。後期の「保育所または施設実習」では、指導案から自分で作成し、実践力を高めます。公立保育園の保育士を目指す学生向けの対策講座も始まります。

  • 施設実習(前期)10~12日間
  • 保育所実習(前期)2週間
  • 保育所または施設実習(後期)10~12日間

保育者・教育者になるための集大成の一年です。実習も保育や授業を自分で担当する責任実習を行い、希望する進路への就職活動を進めます。

  • 幼稚園または小学校教育実習(前期)3〜4週間

私の1週間

児童発達学科 4年

鈴木 和真

子どもの成長を手助けできる教員になることが目標です。幼稚園教諭と小学校教諭の教員免許取得を目指しています。「保育方法演習」では、保育現場の現状を知ることができたほか、子どもや保護者への対応方法も学びました。「運動方法演習」は、幼児の発達段階に合わせた指導方法を学習しました。実践的な内容で、その後の実習でとても役に立ちました。

※2年次後期 2019年度のカリキュラム

子どもの成長を手助けできる教員になることが目標です。幼稚園教諭と小学校教諭の教員免許取得を目指しています。「保育方法演習」では、保育現場の現状を知ることができたほか、子どもや保護者への対応方法も学びました。「運動方法演習」は、幼児の発達段階に合わせた指導方法を学習しました。実践的な内容で、その後の実習でとても役に立ちました。

私の志望理由

田原 すもも
児童発達学科 3年
志望理由
将来は子どもと関わる仕事に就きたいと思っています。この学科では、保育士資格や幼稚園教諭のほかに小学校教諭の免許も取得できるので、さまざまなアプローチから子どものことを学べるのではないかと期待して入学しました。併設幼稚園や「ふらっと文京」など、子どもを身近に感じながら学べることも大学選びの決め手になりました。また、保育者としての資質や態度を身につけたいと考えていました。
今後の目標
誇れる自分になれるように
子どもと向き合っていくために、自分の人間性を高めたい。文京学院大学の校訓「誠実」「勤勉」「仁愛」の心を持つ人間になることが目標です。
保育士を目指して
保育士の仕事を通じて将来を担う子どもたちをサポートしていきたいと思っています 。そのために、日々の学習に対しても誠実に取り組みたいです。

資格・就職

  • 目指せる資格
    • 保育士資格
    • 幼稚園教諭一種免許状
    • 小学校教諭一種免許状
  • 就職率
    2021年3月卒業生 98.9%(学科全体)
  • 主な就職先
    公立保育所保育士/幼稚園教諭/小学校教諭/公務 福祉/一般企業/その他 など