マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

人間学部

コミュニケーション
社会学科

コミュニケーション
社会学科とは

社会に直結した実践学習「まちラボ」で、ローカル/グローバルな視点から社会を見つめ、誰もが豊かに暮らせる仕組みをつくるプロデュース力を養います
社会に直結した実践学習「まちラボ」で、ローカル/グローバルな視点から社会を見つめ、誰もが豊かに暮らせる仕組みをつくるプロデュース力を養います

社会に直結した実践学習「まちラボ」で、ローカル/グローバルな視点から社会を見つめ、誰もが豊かに暮らせる仕組みをつくるプロデュース力を養います

日本では今、超高齢社会、労働人口の減少、シャッター商店街、食の安全などが叫ばれています。世界に目を向ければ、グローバル化、貧困、環境問題などが聞こえてきます。こうした問題は一人の力では解決が困難ですが、一人ひとりが意識を持ち、力を合わせ考え動いていくことが必要です。日本で、世界で、様々な人や地域、企業と協働で豊かな未来の社会をつくる一員になることを目指します。

5つのポイント

point
01
東京・本郷、埼玉・ふじみ野の2キャンパス制で学びが拡大

1・2年次は、埼玉県のふじみ野キャンパスで郊外の街や地方の現状を学び、3年次から東京都の本郷キャンパスで都市部のコミュニティを学びます。様々な地域の課題を学ぶことで、視野が広がり、地球市民としての素養も身につきます。

point
02
社会貢献に直結した実践型学習で、社会で求められる実践力を獲得

企業、地域や行政と連携した、実践型授業を豊富に設けています。基礎力がついた3年次からは、学生自身が企画しプロジェクトを実践するフィールド学習も実施。地域の人々や企業の方、自治体の方などと共に長期間プロジェクトを実施することで、将来役立つ協働する力が身につきます。

point
03
豊かな社会をつくるプロデュース力が身につく「まちラボ」学習

大学を拠点に、地域や企業・団体などと協働で社会の課題に取り組む産官学連携型学習「まちラボ」プロジェクト。誰もが幸せでワクワクする社会を目指し、地域活性化や復興支援、インバウンド(日本に来る外国人旅行者)対応など、様々な人々と一緒に活動を実施し、これからの社会に求められているプロデューサーの素養を身につけます。

point
04
アイディアや活動成果は、学会やイベントで社会に発信

学生が企画した優れたプロジェクト案や実際の活動成果は、学会や各種イベントで社会に発信する機会も豊富です。その都度、客観的な視点で、自分たちのアイディアや活動を振り返ることで、新しい発想や改善点などを探ります。身につけたプロデュース力を活かし、卒業後は企業や自治体での活躍、起業などを目指します。

point
05
日本だけでなく、海外にも飛び出す、スケールの大きい学び

日本人としてのアイデンティティを大切にしながら、異文化を理解し、通じ合う姿勢を学ぶグローバル人材育成プログラム「Bunkyo GCIスペシャル」を履修可能(入学後に志望者を募り選考)。また、2021年2月からサンフランシスコ州立大学と連携した海外短期フィールドワークも新設。日本だけでなく、海外にも目を向け、地球市民としての素養を身につけます。

4年間の学び


1年次
多彩な知識に触れ、社会学の基礎を学ぶ
2年次
フィールドスタディズで実践的に学ぶ
3年次
行政や地域とまちラボプロジェクトを発足
4年次
まちラボプロジェクトでまちを元気にする

「共生社会論」「現代社会論」「コミュニケーション社会学」などの社会学を土台とした知識を学習します。「文化」「メディア」「環境」「地域」「国際」などを専門とする教員から多彩な視点を学び、複雑に絡み合った課題解決に必要な教養を身につけます。

企業、地域や行政と連携したフィールドワークを通して、ローカル、グローバルな視点で現代社会が抱える課題を肌で感じとっていきます。まちづくりや近隣の高校とも連携した農村再生プロジェクトなど、社会と連携し、実践力と主体性を培います。

学生がゼロから立ち上げる「開拓型」、フィールドスタディズ実習先と連携して学生が企画・運営する「継続型」、企業やNPOなどからの「委託型」の3タイプのまちラボプロジェクトを展開し、地域再生に携わる能力を育成します。

3年次で展開したプロジェクトをより発展させ、成果を実社会へと還元します。社会と協働する中で、幅広い視野や価値観、実践力、継続性、コミュニケーション能力を身につけ、豊かな共生社会に貢献できる人材を目指します。

私の1週間

コミュニケーション社会学科 3年

若林 郁弥

コミュニケーション社会学科では、都市社会と地域社会の両方を、実践を通じて学ぶことができます。そのベースとなった科目が「フィールドワーク論」です。フィールドワークの進め方や調査にご協力いただく皆さんとの接し方などを学びました。「環境社会学」では、さまざまなアプローチから環境を捉え、新たな視点が得られました。

※2年次前期 2019年度のカリキュラム

コミュニケーション社会学科では、都市社会と地域社会の両方を、実践を通じて学ぶことができます。そのベースとなった科目が「フィールドワーク論」です。フィールドワークの進め方や調査にご協力いただく皆さんとの接し方などを学びました。「環境社会学」では、さまざまなアプローチから環境を捉え、新たな視点が得られました。

資格・就職

  • 目指せる資格
    • 社会調査士
    • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)
    • ITパスポート試験
    • 社会福祉主事 ※任用資格
    • 世界遺産検定
  • 就職率
    2020年3月卒業生 100%(学科全体)
  • 主な就職先
    製造/商業/運輸・情報通信/サービス など