マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

人間学部

コミュニケーション
社会学科

コミュニケーション
社会学科とは

自分らしいオリジナルな生き方と、活気ある共生社会の実現を目指して
自分らしいオリジナルな生き方と、活気ある共生社会の実現を目指して

自分らしいオリジナルな生き方と、活気ある共生社会の実現を目指して

一人ひとりがそれぞれの個性を発揮できたなら、誰もが活き活きと過ごせるはず。そのためには、人と人、人と地域をつなぐコミュニケーションの達人が必要です。あなたも「自分らしさ」を発揮しながら、新しい社会を創り出してみませんか?

5つのポイント

point
01
埼玉・ふじみ野、東京・本郷の2キャンパス制で学びが拡大

1・2年次は、埼玉県のふじみ野キャンパスで郊外の街や地方の現状を学び、3年次から東京都の本郷キャンパスで都市部のコミュニティを学びます。様々な地域の課題を学ぶことで、視野が広がり、地球市民としての素養も身につきます。

point
02
郊外と都市、それぞれの社会問題の解決手法を実践的に学ぶ「まちラボ」学習

社会とコミュニケーションしながら、よりよい共生社会をつくっていくことがコミュニケーション社会学科のテーマです。学生は、2つのキャンパスに設置された「まちラボ」でプロジェクト活動などの実践を通して、実際に地域や企業・行政の方々と連携しながら、社会問題を解決するプロセスや組織運営の仕方などを学んでいきます。

point
03
学ぶほどに社会人への心構えができる「共生社会フィールドスタディズ」

自治体、NPO・NGO、企業などでの実習科目「共生社会フィールドスタディズ」は、コミュニケーション社会学科において欠かすことのできない学びです。社会人基礎力が身につき、キャリアデザイン形成を支えます。

point
04
アイディアや活動成果は、社会に発信

学生が企画した優れたプロジェクト案や実際の活動成果は、学内・外を通して社会に発信する機会も豊富です。その都度、客観的な視点で、自分たちのアイディアや活動を振り返ることで、新しい発想や改善点などを探ります。身につけたプロデュース力を活かし、卒業後は企業や自治体での活躍、起業などを目指します。

point
05
日本だけでなく、海外にも飛び出す「海外短期フィールドワーク」

本学科独自の海外短期フィールドワークを新設。アメリカのサンフランシスコ州立大学と連携して作り上げた2週間のプログラムです。英語学習や英語によるプレゼンテーションスキルを学ぶと同時に、社会学を主たる領域として幅広く異文化を学びます。教員だけでなく現地の学生と交流する機会もあります。

4年間の学び

1年次
多彩な知識に触れ、社会学の基礎を学ぶ
2年次
フィールドワークで実践的に学ぶ
3年次
行政や地域とまちラボプロジェクトを発足
4年次
まちラボプロジェクトでまちを元気にする

「共生社会論」「現代社会論」「コミュニケーション社会学」などの社会学を土台とした知識を学習します。「文化」「メディア」「環境」「地域」「国際」などを専門とする教員から多彩な視点を学び、複雑に絡み合った課題解決に必要な教養を身につけます。

企業、地域や行政と連携したフィールドワークを通して、ローカル、グローバルな視点で現代社会が抱える課題を肌で感じとっていきます。まちづくりや近隣の高校とも連携した農村再生プロジェクトなど、社会と連携し、実践力と主体性を培います。

学生がゼロから立ち上げる「開拓型」、共生社会フィールドスタディズの実習先と連携して学生が企画・運営する「継続型」、企業やNPOなどからの「委託型」の3タイプのまちラボプロジェクトを展開し、地域再生に携わる能力を育成します。

3年次で展開したプロジェクトをより発展させ、成果を実社会へと還元します。社会と協働する中で、幅広い視野や価値観、実践力、継続性、コミュニケーション能力を身につけ、豊かな共生社会に貢献できる人材を目指します。

私の1週間

コミュニケーション社会学科 4年

鶴岡 真生

近年はジェンダー問題に関して、日本でさまざまな課題がありますが、「ジェンダー論」を履修して、まずは私自身がジェンダーへの理解を深めることが大切だと感じています。将来は固定観念に捉われず、 柔軟な対応ができる人になることが目標です。性別や年齢を問わずに、あらゆる人々が心地よく過ごせる空間や場所を創出していきたいと思っています。

※3年次前期 2020年度のカリキュラム

近年はジェンダー問題に関して、日本でさまざまな課題がありますが、「ジェンダー論」を履修して、まずは私自身がジェンダーへの理解を深めることが大切だと感じています。将来は固定観念に捉われず、 柔軟な対応ができる人になることが目標です。性別や年齢を問わずに、あらゆる人々が心地よく過ごせる空間や場所を創出していきたいと思っています。

私の志望理由

和泉 栞
コミュニケーション社会学科 3年
志望理由
私は高校で商業の専門知識を主に学んでいましたが、大学では新しい学びにトライして、社会問題を考察したいと思いました。コミュニケーション社会学科はフィールドワークの機会が豊富なので、実体験を通じて学ぶことで、得られるものが多いのではと期待していました。また、部活動でチームワークの大切さを実感したことから、大学でのプロジェクトやグループワークに活かそうと考えていました。
今後の目標
社会への理解を深めたい
1・2年次で履修した「共生社会フィールドスタディズ」がきっかけで、実社会を視野に入れた学びを深めていきたいと思うようになりました。
学びを活かした仕事がしたい
学びを通じてさまざまな職種や企業に意識を向けながら、将来、自分が本当にやりたい職業はどんなものなのかを見つけ出したいです。

資格・就職

  • 目指せる資格
    • 社会調査士
    • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)
    • ITパスポート試験
    • 社会福祉主事 ※任用資格
    • 世界遺産検定
  • 就職率
    2021年3月卒業生 100%(学科全体)
  • 主な就職先
    公務/製造/商業/運輸・情報通信/サービス/その他 など