マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

人間学部

心理学科

心理学科とは

ビジネスや人々の生活など、社会の様々な領域で心理学を活かせるよう実践型教育によりグローバル社会で積極的に心理学を駆使していく人を目指します
ビジネスや人々の生活など、社会の様々な領域で心理学を活かせるよう実践型教育によりグローバル社会で積極的に心理学を駆使していく人を目指します

ビジネスや人々の生活など、社会の様々な領域で心理学を活かせるよう実践型教育によりグローバル社会で積極的に心理学を駆使していく人を目指します

公認心理師や臨床心理士をはじめとした心理専門職だけでなく、心理学の知識とスキルをビジネス現場や地域、研究所などで活かせる人材を育成します。社会の流れやニーズを把握し、対応するためコース制を導入。心理学のあらゆる領域を学ぶことからはじめ、自分の理解を深めてテーマを見つけ、ビジネスシーンで活かせる心理学を身につけます。

5つのポイント

point
01
心理学領域初の国家資格に対応「公認心理師コース」

幅広い心理学領域の学びをカバーしてきた実績により、公認心理師(国家資格)の養成に必要な教育体制がすでに整っています。また、併設の大学院には「臨床心理士受験資格」を得られるコースも設置しています。

point
02
心理学を仕事で活かす「キャリア心理コース」

心理学の幅広い知識・スキルに加えて、キャリア教育を重視。また、近年ビジネスの世界で叫ばれる「ストレス・マネージメント」科目も設置し、自分を客観的に見る素養や他者を理解し、各種プロジェクトを協働する力を身につけます。

point
03
研究する力を伸ばす「心理サイエンスコース」

生体反応を測定する各種装置を考案・開発する従来の心理学科にはない「ものづくり系」のコース。各種企業や研究所とのコラボレーションをはじめ、研究者や臨床家の育成も目指します。

point
04
ストレス社会で健康な心身を維持する「ストレスマネジメント力」

心の動きに科学的なアプローチを行う心理学を学ぶことにより、自身の心も客観的に捉えることができるようになります。1 年次の「ストレスマネジメントの心理学」では、各領域の教員が自らの専門性の見地からストレスの定義や、緊張、不安、プレッシャーなどへの向き合い方についてオムニバス形式で講義します。ストレス社会において健康な心身を維持するうえで、また、心理職に就いた人が自らの心理的負担をコントロールするうえで役立てることができます。

point
05
カナダの提携大学で海外短期フィールドワーク

カナダのトンプソンリバーズ大学で海外短期フィールドワークを実施。英語の学習をしながら心理学の実習・講義を体験できるという、全国でも極めてまれなプログラムです。また、グローバル人材育成プログラム「Bunkyo GCIスペシャル」を履修可能(入学後に志望者を募り選考します)。

4年間の学び


1年次
心理学の幅広い役割を知る
2年次
基礎実験を通して研究手法を身につける
3年次
3つのコースにわかれ専門性を深める
4年次
企業就職・大学院進学など、進路を決定する

心理学の基礎を学びながら、研究法・測定法を身につけ、実験・調査法を理解・習得します。ストレスの要因の除去やストレス反応の緩和のための対処法なども学びます。

「心理学基礎実験I・II 」を通して心理学の代表的実験を一通り体験し、研究手法を広く身につけるとともに、今後の研究活動に不可欠な分析・考察・レポート作成という各種スキルを習得します。

さまざまな領域での役割を理解し、自分の深めたい分野を研究していきます。ゼミナールに所属し、少人数体制で教員と共に研究テーマを決め、実験・調査計画を立て、その研究に取り組みます。

自分で決めたテーマについて卒業論文に取り組みながら、進路を決めます。併設大学院ではハイレベルな研究力を養成し、国家資格「公認心理師」受験資格や「臨床心理士」受験資格を目指せます。

私の1週間

心理学科 4年

目黒 優歌

2年次からは実験や実習が増え、実践を通じて学ぶことができます。「心理学基礎実験Ⅰ」は、さまざまな種類の実験を行います。特に印象的だったものは、芸術療法の箱庭制作です。自ら箱庭をつくり、学生同士で解釈しました。「心理学英書講読Ⅰ」では、英語で書かれた心理学の論文を読み、英語力を伸ばすだけでなく、専門分野の知識を増やすことができました。

※2年次前期 2018年度のカリキュラム

2年次からは実験や実習が増え、実践を通じて学ぶことができます。「心理学基礎実験Ⅰ」は、さまざまな種類の実験を行います。特に印象的だったものは、芸術療法の箱庭制作です。自ら箱庭をつくり、学生同士で解釈しました。「心理学英書講読Ⅰ」では、英語で書かれた心理学の論文を読み、英語力を伸ばすだけでなく、専門分野の知識を増やすことができました。

資格・就職

  • 目指せる資格
    • 公認心理師受験資格 ※併設大学院 修了により
    • 臨床心理士受験資格 ※併設大学院 修了により
    • 認定心理士
    • 産業カウンセラー
    • 社会調査士
    • 心理判定員 ※任用資格
    • 児童心理司 ※任用資格
    • 社会福祉主事 ※任用資格
  • 就職率
    2020年3月卒業生 95.7%(学科全体)
  • 主な就職先
    建設業/製造/商業/金融機関/運輸・情報通信/サービス/公務/福祉施設/進学 など