グローバル
体験記
病院や医療施設を見学出来る
数少ないチャンスに感動!
日本とカナダの違いを
実感しました。

海外短期フィールドワーク カナダ 保健医療技術学部
臨床検査学科 3年

病院や医療施設を見学出来る
数少ないチャンスに感動!
日本とカナダの違いを
実感しました。

語学だけにとどまらない、プラスアルファの学びがしたくて、海外フィールドワークを選びました。

大学入学後、留学が出来るプログラムを知り、行ってみたいと興味を持つようになりました。せっかく臨床検査を学んでいることもあり、英語だけではなく医療系施設の見学も可能な海外フィールドワークを選びました。今回のフィールドワークは、10名の学生が参加。普段は関わることが少ない、理学・作業療法学科や看護学科の学生とも話せたので、そういった面でもいい機会になったと思います。 また、通常の留学や海外旅行では、怪我や病気をしない限り病院に行くことはないので(笑)、研修として見学出来たことを今後の学びにも役立てていきたいです!

「待ち」の姿勢では得られないことも多い。
自分から行動する大切さを知る3週間でした。

英語はどちらかといえば苦手な方だったので、ホストファミリーとの会話に苦労したり、スーパーで欲しい物の場所を聞けなかったりと英語でのコミュニケーションにおいては困難なこともありました。研修中は現地の学生がサポートに来てくれていましたが、話しかけてもらうのを待っているような状況が多かったことを反省しています。帰国も近くなり、やはり自ら積極的に行動することが大切だと気がついてからは、言葉がわからなくてもジェスチャーや表情を駆使して何とか想いを伝えることが出来たので、今後海外に行った時には、もっと自分から動いていきたいです。

QUESTIONS
ホンネで語る!海外体験
留学って、実際どんな感じなの?

プログラム内容を教えてください!

午前中は研修先のブロック大学で、医療に関する英語の授業を受講しました。専門用語の解説を受けながら、どうしても理解しにくい用語は引率の先生にサポートしていただき学んでいくスタイルです。1年生の頃から学部の必修授業で医療関連の英語を勉強していたので、その知識が役に立ちました。 午後は、病院などの医療施設を見学したり、大学内でのレクリエーションやトロント観光をしたりしました。

滞在中に、印象に残ったことを教えてください。

日本とカナダの働き方の違いが印象に残っています。大きい病院や検査センター、リハビリ施設などを見学しましたが、カナダの人は皆和気あいあいとリラックスしたムードで働いていました。日本の医療機関だと、真面目で緊張感がある雰囲気がほとんどなので、本当に刺激を受けました。 また驚いたのはお弁当。滞在はホームステイでしたが、ホストマザーが作ってくれたお弁当にポテトチップスが入っていたのには、食文化の違いを感じました(笑)。

フィールドワークで苦労したことを教えてください!

ホストファミリーとの会話が、最初は本当に通じなくて困りました。ステイ先のファミリーは日本人の受け入れに慣れていて、会話をゆっくり進めてくれましたが、最初はそれも申し訳なく思ってしまい、話すことを恐れていたように思います。 しかし、6歳のホストブラザーが私に懐いてくれたのをきっかけに、一緒に観た子供向けのアニメなどから簡単な単語や会話に触れることが増え、徐々に英語に慣れていきました。身振り手振りやわかる単語だけでも、伝えようとすれば相手に伝わることがわかりとても嬉しかったです。

カナダの人は優しい人が多く、バスに乗っていた時に降りる場所がわからなくなった時も、運転手さんが親切に教えてくれたので、自ら話しかけることが本当に大切なのだとわかりました。

帰国後取り組んでいることや今後の目標を教えてください!

TOEICの試験を受けたり、ホストファミリーから薦められた映画を英語字幕で観たりしています。留学前よりも、英語の勉強に積極的になれました。 大学院の進学を目指しているので、英語で論文の読み書きが出来るよう、しっかり勉強に取り組んでいきたいです。海外の学会発表に参加している院生の先輩もいるので、将来は私もそういった活動に携わっていけるように頑張ります!

後輩へのメッセージをお願いします!

英語が苦手だと特に不安もあるかもしれませんが、怖がらずに挑戦してみてほしいと思います。わからないことや困ったことは先生方やホストファミリーが助けてくれます。現地の病院や医療施設などを見学出来る機会はあまりないので、迷っているならぜひ、参加してみてください!

私は海外へ行ったことがなかったので、正直に言うと、留学前は不安だらけでした。事前の研修で危険なことへの対策や、注意喚起の動画なども見ていたので、治安に対する恐怖感もありました。しかし実際に行ってみると、多くの人に支えてもらったおかげもあり、とても安全で楽しく過ごすことが出来ました!今は、本当に行ってよかったなと思っています。

家を長く離れることも、知らない方のお宅に長期滞在することもそれまでなかったので、たくさんのことが初めての経験で、とても刺激を受けた3週間でした。ホストファミリーにも優しく接していただき、帰国前日には一緒に行ったところを車で回ってくれたりと、人の温かさに助けられた海外生活だったと感謝しています。

今は勉強も忙しく、大学生のうちにまた留学するチャンスはないかもしれないですが、目標に向かって努力し続けます。そして、大学院生になった時には、また海外に多くのことを学びに行けたらと考えています!

※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。