人間学部

児童発達学科

ABOUT

多様性を理解・尊重する姿勢を大切にし、子どもたちの成長に寄り添いながら、自身が強みを持ち自信を持って子どもたちに働きかける、しなやかな先生を目指します
多様性を理解・尊重する姿勢を大切にし、子どもたちの成長に寄り添いながら、自身が強みを持ち自信を持って子どもたちに働きかける、しなやかな先生を目指します

多様性を理解・尊重する姿勢を大切にし、子どもたちの成長に寄り添いながら、自身が強みを持ち自信を持って子どもたちに働きかける、しなやかな先生を目指します

保育者・教育者を養成して50年の歴史と実績をベースとした教育プログラムで、子どもの成長に寄り添い、「個」の確立も追求するプロフェッショナルを目指します。学生一人ひとりの独自性を大切にしながら、障がいや異文化、家庭環境など、様々な個人差を理解・尊重する素養も育みます。

POINT

  1. 自分の強みを知り、
    子どもの多様性を大切にする
    「ダイバーシティ学習」

    卒業後、すぐに保育者・教育者として力を発揮するため、自分なりのキャリアイメージを持ち、自分の強みをどこにおくかを探求します。また、誰もが認め合い、協働する共生社会の実現や地球市民としての視野、様々な文化や個人差を認める素養も身につけます。

  2. 体育・音楽・図工などの
    実践力を高め、強みにする
    「表現力育成プログラム」

    感性ややり遂げる力、表現力をより高め実践力を身につけます。特に、小学校教員を目指す学生が児童の体育、特別活動、生活科、総合的な学習の時間などで力を発揮することを目指します。

  3. 国内のグローバル化に
    対応し、強みにする
    「英語力・異文化理解プログラム」

    今後の日本を見据え、国内に多文化が共生する社会へ対応する力を身につけます。「子ども英語」などを設置し、英語を共通言語としてコミュニケーションを図る力をつける他、中国・韓国の文化や初歩的な言語も学びます。

  4. 現代課題を深く学び
    コミュニティで強みを発揮する
    「地域支援プログラム」

    心理、臨床、発達を学ぶことで、障がいや家庭環境など個人差を深く理解し、特別支援の在り方も学びます。地域連携活動に実際に関わりながら、自治体維持、地域性、地域の文化などにも目を向け、地域とともに子どもを育てることや、家庭に寄り添い保護者とともに子どもを育てることを目指します。

  5. 幼稚園教諭、保育士に加え、
    小学校教諭一種免許状が
    取得可能

    「保育士」「幼稚園教諭一種免許状」「小学校教諭一種免許状」の資格が取得可能。子どもを取り巻く環境をトータルで考え、子どもに精通した保育者・教育者がお互いに協力し合う「幼保一元化」「幼小連携」の動きに対応したカリキュラム編成です。

目指せる資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格
    2015年度 卒業生資格取得実績:
    幼・保ダブル取得:93.1% 幼・保・小トリプル取得:4人に1人

主な就職先

小学校教諭(埼玉県、さいたま市、千葉県、栃木県、新潟市)、公立幼稚園教諭(つくば市)、公立保育所保育士(朝霞市、上尾市、川口市、川越市、さいたま市、坂戸市、所沢市、飯能市、深谷市、板橋区、葛飾区、江東区、品川区、新宿区、杉並区、世田谷区、台東区、豊島区、柏市、船橋市、成田市、三島市、郡山市、三条市、新潟市)、私立保育所保育士、私立幼稚園教諭、企業系保育士、児童厚生員(小金井市)、埼玉県社会福祉事業団 など
2015年度 卒業生就職率:100%(うち、40.3%が公務員職)
*保育士就職者の57.8%が公立保育士採用

BUNKYO GCI