人間学部

コミュニケーション
社会学科

ABOUT

グローバル・ローカルな視点を重視した社会に直結した実践学習で、社会の誰もが共に豊かに暮らせる仕組みをつくるプロデューサーを目指します
グローバル・ローカルな視点を重視した社会に直結した実践学習で、社会の誰もが共に豊かに暮らせる仕組みをつくるプロデューサーを目指します

グローバル・ローカルな視点を重視した社会に直結した実践学習で、社会の誰もが共に豊かに暮らせる仕組みを
つくるプロデューサーを目指します

日本では今、超高齢社会、労働人口の減少、シャッター商店街、食の安全などが叫ばれています。世界に目を向ければ、グローバル化、貧困、環境問題などが聞こえてきます。こうした問題は一人の力では解決が困難ですが、一人ひとりが意識を持ち、力を合わせ考え動いていくことが必要です。日本で、世界で、様々な人や地域、企業と協働で豊かな未来の社会をつくる一員になることを目指します。

POINT

  1. 東京・本郷、埼玉・ふじみ野の
    2キャンパス制で学びが拡大

    1・2年次は、埼玉県のふじみ野キャンパスで郊外の街や地方の現状を学び、3年次から東京都の本郷キャンパスで都市部のコミュニティを学びます。様々な地域の課題を学ぶことで、視野が広がり、地球市民としての素養も身につきます。

  2. 社会貢献に直結した
    実践型学習で、
    社会で求められる実践力を獲得

    様々な仕事体験や、環境保全活動、海外異文化理解など、豊富な実践型授業を設けています。基礎力がついた3年次からは、学生自身が企画しプロジェクトを実践するフィールド学習も実施。地域の人々や企業の方、自治体の方などと共に長期間プロジェクトを実施することで、将来役立つ協働する力が身につきます。

  3. 豊かな社会をつくる
    プロデュース力が身につく
    「まちラボ」学習

    大学を拠点に、地域や企業・団体などと協働で社会の課題に取り組む産官学連携型学習「まちラボ」プロジェクト。誰もが幸せでワクワクする社会を目指し、地域活性化や復興支援、インバウンド(日本に来る外国人旅行者)対応など、様々な人々と一緒に活動を実施し、これからの社会に求められているプロデューサーの素養を身につけます。

  4. 日本だけでなく、海外にも
    飛び出す、スケールの大きい学び

    日本人としてのアイデンティティを大切にしながら、異文化を理解し、通じ合う姿勢を学ぶグローバル人材育成プログラム「Bunkyo GCI」を設置。日本だけでなく、海外にも目を向け、地球市民としての素養を身につけます。また、途上国支援活動への参加や世界遺産調査、環境保全活動などが学べるフィールドスタディも充実しています。

  5. アイディアや活動成果は、
    学会やイベントで社会に発信

    学生が企画した優れたプロジェクト案や実際の活動成果は、学会や各種イベントで社会に発信する機会も豊富です。その都度、客観的な視点で、自分たちのアイディアや活動を振り返ることで、新しい発想や改善点などを探ります。身につけたプロデュース力を活かし、卒業後は企業や自治体での活躍、起業などを目指します。

目指せる資格

  • 社会調査士
  • 環境カウンセラー
  • 旅行業務取扱管理者(国内・総合)
  • ITパスポート試験
  • ビオトープ管理士®
  • 日商簿記検定
  • 中学校教諭一種免許状(社会科)
  • 高等学校教諭一種免許状(公民)
  • 世界遺産検定

主な就職先

青山商事、オンワード樫山、カネボウ化粧品販売、関東ハウジング、コープみらい、トヨタ部品埼玉共販、飯能信用金庫、クレディセゾン、埼玉県農業信用基金協会、三信住建、ANAテレマート、全日本空輸、ティップネス、山和食品、みずほビジネスサービス、東京個別指導学院、坂戸・鶴ヶ島消防組合、高等学校教諭(岡山県)、中学校教諭(埼玉県) など
2015年度 卒業生就職率:97.8%

「共生社会フィールドスタディズ」ラオスコースレポート
MOVIE
「共生社会フィールドスタディズ」ラオスコースレポート
BUNKYO GCI