保健医療技術学部

作業療法学科

ABOUT

誰もが生き生きと幸せに生活を送れることを追究する作業療法士を目指します
誰もが生き生きと幸せに生活を送れることを追究する作業療法士を目指します

誰もが生き生きと幸せに
生活を送れることを追究する
作業療法士を目指します

地元ふじみ野市に密着し、地域の方との交流から実践的に学ぶことをはじめ、海外のリハビリ事情も実体験し、日本だけでなく、世界にも目を向ける視野を育みます。誰もが幸せな人生を送ることをとことん追究する姿勢を大切にし、一人ひとりの生活を見つめたリハビリを提案できる作業療法士を目指します。

POINT

  1. 園芸、アロマ、メイクなど
    新しい作業療法への取り組み

    音楽、スポーツ、園芸、メイク、アロマをはじめ、学生の趣味や特技を生かした新しい作業療法の発見にも積極的に取り組んでいます。施設や医療機関でさまざまなケースの患者さんと向き合ってきた教授陣が、科学的視点に基づくアプローチや作業療法を指導します。

  2. 世界基準の作業療法士をめざせる
    充実の実習時間

    実習時間は4年間で合計1000時間以上。これは世界作業療法士連盟が定める基準時間を満たすものであり、日本で定められている実習時間を大幅に上回っています。知識と技術を着実に習得できる十分な時間をかけた実習プログラムで、世界で通用する作業療法士をめざします。

  3. 対象者の心身の理解から
    治療計画の立案、
    着実に力をつける

    臨床実習は2年次からスタート。見学を中心とした実習から始め、学年に応じた総合的な実習へとステップアップ、4年次には作業療法実践のプロセスを体験します。それぞれの実習前にはオリエンテーションを実施、また実習後にはレポート報告や症例報告会を開催。実習で体験した事を確実に身につけて行きます。

  4. 経験豊かな教員から受けられる
    親身な指導

    1学年40人という少人数制で、現場の第一線で活躍されてきた教員から、きめ細かく親身な指導を受けられます。気軽に研究室を訪ねて授業の質問をしたり、大学生活の相談にのってもらうことができるのも魅力。目的意識の高いクラスメートと刺激しあいながら、国家試験合格という目標に向かって学べる環境です。

  5. 海外フィールドワークで
    英語学習とともに、
    国際的視野を広げる

    カナダ、オンタリオ州のブロック大学にてホームステイをしながらフィールドワークを行います。現地では、学生たちとの交流や英語学習、保健医療の専門授業を受講します。後半には総合病院、リハビリテーションセンターの見学や実習体験を行います。また、マレーシアへのフィールドワークも実施しています。

LEARNING

  • 1年次

    健康な心と体の状態を学ぶ

    人間の体の構造と、正常時の機能、さらに関節はどのくらい動くのか、障害があるとその範囲がどう変化するのかなどを学びます。

  • 2年次

    心と体の病気を学ぶ

    内臓疾患や運動疾患、精神障害などの病気はなぜおこるのか、原因を探ります。後期には、早くも実習に出かけます。3週間の臨床実習で、患者さんの臨床観察と評価技術を学びます。

  • 3年次

    患者さんの観察・評価を学ぶ

    運動・精神・発達・老年期などの専門領域の演習がスタートします。4週間に及ぶ実習もあります。主に病院で患者さんを観察し、評価を行い、生活障害の原因分析をし考察します。病気になったり障害を負った人をどのように作業療法で治療していくかを学びます。

  • 4年次

    患者さんの治療を考え抜く

    国家試験対策と並行し、8週間の実習を2回行います。実際に患者さんを担当し、指導担当の先生と治療プログラムを立て、実際の治療に立ちあいます。4年間での実習は1,000時間におよび、医療・福祉・教育現場など幅広い領域で求められる知識と専門技術が身につきます。また多くの現場を経験することで、他職種とも関わり、チーム医療の感覚が磨かれます。

PICK UP

基礎作業学演習 (1〜2年次)

籐細工、織物、木工作業、メイクなどを取り入れた作業療法を学び、作業を通して、活動がひとの心身にどのように影響を与えているかを理解していきます。これらの知識と体験から作業の治療的意味を考え、治療手段としてどのように作業活動を用いるかを考えられるようになります。

高橋 晴菜

作業療法学科 3年

埼玉県立 松山女子高校 出身

高橋 晴菜

作業療法学科 3年/ 埼玉県立 松山女子高校 出身

授業でつくったものを家に持ち帰ると、両親に「作業でそんなものまで作るの?」と驚かれるほど、いろいろなことに挑戦しました。患者さんの視点にたち、どんな気持ちになるのか考えてみる。一連の流れで、どこが難しいと感じるのかな。さまざまなシミュレーションを頭の中で行い取り組むと、細かい発見がたくさんあります。現場を意識した学びで、作業療法士としての視点が培われた気がします。

目指せる資格

  • 作業療法士国家試験受験資格

    2018年3月卒業生 国家試験合格率

    • 94.1% (全国平均85.2%)

主な就職先

【身体障害領域】相澤病院、浅草病院、板橋中央総合病院、江田記念病院、春日部厚生病院、霞ヶ関南病院、蒲田リハビリテーション病院、亀田総合病院、熊谷総合病院、圏央所沢病院、江東リハビリテーション病院、指扇病院、さいたま記念病院、西部総合病院、大生病院、津田沼中央総合病院、東京警察病院、東京都リハビリテーション病院、栃木メディカルセンター、野田病院(一部、発達障害)、初台リハビリテーション病院、羽生総合病院(一部、発達障害)、富家病院、みさと健和病院、浴風会病院、横浜新都市脳神経外科病院 【精神障害領域】京友会病院、久喜すずのき病院、こころのホームクリニック世田谷 【老年期領域】イムスケアふじみの 【発達障害領域】川崎中央療育センター、野田病院(一部、発達障害)、羽生総合病院(一部、発達障害) 【地域リハ領域】大田区障害者サポートセンター

2018年3月 卒業生就職率:100%(学部全体)

在学生
メッセージ

患者さんがいかに楽しく
リハビリができるかを考える。
作業療法士の特権だと思います。

加藤瑠夏

作業療法学科 3年
埼玉県立 浦和東高等学校出身

卒業生
だより

作業療法士(OT)として
働いた5年間。
3期生2名のそれぞれの想い。

作業療法士

作業療法学科 卒業生

BROCHURES

2018年度版大学案内
文京学院大学での学びが詳しくわかるパンフレットです。
  • キャンパスムービー 本郷
  • キャンパスムービー ふじみ野
  • BUNKYO GCI