マイリスト

  • クリップしたページ
  • 最近見たページ
    選択したリストを削除
    気になるページをクリップしよう!

    各ページの右上にあるクリップするボタンをクリックすると、このマイリストに追加することができます。

    ※クリップできるページは最大10件です。件数が10件を超えた場合は、古いものから順番に削除されます。

    ※お気に入り機能を使用する際には、ブラウザのcookieを有効にしてください。異なる端末やブラウザで閲覧される場合、マイリストの情報は引き継がれませんのでご了承ください。

卒業生
だより
この道でいいのか
入学してからも迷いはあった。

小澤 正樹さん 医療法人社団明芳会 横浜旭中央総合病院
理学療法士

この道でいいのか
入学してからも迷いはあった。

PROFILE
保健医療技術学部 理学療法学科 2010年 卒業

私にとって、仕事は生きがい。
多忙ながらも充実した日々。

総合病院のリハビリテーションセンターで理学療法士をしています。これまでに一通りの診療科のリハビリに携わり、現在は、主に脳神経外科や脳神経内科、糖尿病内科や腎臓内科の患者さんを担当しています。仕事をするうえでいつも心掛けていることは、疾患だけでなく、まずは患者さん自身をみるということです。どのように自分の目の前にいる人をサポートしていくか、どうすればよりスムーズに回復を促すことができるか、これらを第一に考えています。

社会人になってから10年が経ちますが、この仕事への興味は尽きることがなく、新たな挑戦をして自分をもっと成長させていきたいです。数年前からは病院勤務と並行してスポーツトレーナーとしても活動中。全日本テニス選手権やテニス日本リーグをはじめ、国際大会を含めた大会のオフィシャルトレーナーをしています。夢は五輪に帯同すること。そのためにも、さらに研鑽を積んでいきたいと思っています。

現場を知る先生方からの教えで理学療法士としての自覚がめばえた。

文京学院大学の理学療法学科の魅力は、全国的にも有名な先生方から教えていただけること。特にスポーツや運動器系に関しては、日本でトップクラスの先生が集まっていると思います。専門知識やスキルはもちろんのこと、先生方の姿勢から、他者を思う気持ちや努力することの大切さを学び、人としても成長できたように感じています。また、私の代は理学療法学科の第1期生だったこともあり、在学中は自ら何かを始めることの楽しさや醍醐味を感じることができました。学生のやりたいことを支えてくれた文京学院大学の環境をありがたく感じています。

※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。