卒業生
だより
患者さんとご家族の
これからをともに
見つけていく仕事です。

江島咲紀さん 千葉大学医学部附属病院 地域医療連携部
ソーシャルワーカー

患者さんとご家族の
これからをともに
見つけていく仕事です。

PROFILE
人間学部人間福祉学科 2015年卒業。
もともとは介護職希望だったが、病院での実習をきっかけにメデイカルソーシャルワーカーを志す。
「国家試験対策の特講や合宿など定期的な集まりで仲間から刺激を受けることができ、緊張感を常に保ち試験に臨むことができました」。

大きなケガをしたり、病気になって入院することになったとき、患者さんやご家族の方々は、これからの治療のこと、医療費のこと、退院してからの生活のことなどたくさんの不安を抱えます。そんな不安に思うことをお聞きし、患者さんにあった医療や福祉の制度などをご紹介して、これからの生活を一緒に考えていくのが、私たち「メディカルソーシャルワーカー」の仕事です。

私の勤務している病院は急に容態が悪くなった患者さんの受け入れが多く、容態が落ち着くまでの医療を担当し、適切な治療の場へとつなげる役割を担っています。患者さんや、そのご家族の中には急な出来事でこれからのことを考えられない方がいらっしゃいます。それでも、これからの明るい未来をイメージしていただくために、いろいろな選択肢をご紹介したり、もっとお話を聞くために看護師やリハビリ担当の方とコミュニケーションしやすい環境づくりに取り組みます。

同じ病名でも、患者さんの生活状況によって利用できる制度や接し方も全く違うので、同じケースはありません。患者さんのご希望通りに対応できず、すごく悩んだり、葛藤したりします。それでも諦めず、相手の気持ちをできるかぎり考え、誠実に向き合うことで、患者さんが前向きになってくださって、「あなたに会えてよかった」「これからも頑張って生きようと思う」と言ってもらえたときや、笑顔を見ることができると、すごくやりがいのある仕事だと思え、これからも頑張ろうと思えます。

3年目の今年は、さらに知識を深め、疑問に思ったことはなんでも相談してもらえて、患者さん、職場の方、地域の方から信頼されるメディカルソーシャルワーカーを目指します。

※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。