BUNKYO GCI 学びの特徴

グローバル英語[英語科目群]

自分たちらしく、世界中の人たちと通じあっていこう。
アイデンティティーを大事にするのが、BUNKYO GCIの英語教育です。

アイデンティティーある発信

英語を母語とするネイティブスピーカーが約3億人に対し、非ネイティブで英語を使う人は、それをはるかに上回る10数億人にのぼります。それらの地域では、各国の文化が反映されたインド英語やシンガポ-ル英語など多彩な英語が話されています。日本では、これまでネイティブの英語が理想とされ、ネイティブのようになろうという英語教育が長く続いてきました。しかし、私たちがネイティブと同じ英語を話す必要はどこにもなく、むしろ日本人らしさのある英語を確立することが、国際人として求められています。グローバル英語とは、各国の英語の違いを認め合い、それぞれの文化や伝統を、お互いにアイデンティティーを持って発信し合う姿勢を培うこと。そのために、まずは共通項のPlain Englishを身につけ、自分らしい英語で堂々とコミュニケーションできる自信を身につけます。

【Plain Englishとは】
相手への伝わりやすさを考慮した明確で簡潔な表現の英語です。アメリカやイギリスなどの英語圏の国でも、このPlain Englishの使用を推進する傾向が高まっているようです。
【Plain Englishとは】
相手への伝わりやすさを考慮した明確で簡潔な表現の英語です。アメリカやイギリスなどの英語圏の国でも、このPlain Englishの使用を推進する傾向が高まっているようです。

授業スタイル

プロジェクト型の授業
英語そのものではなく、英語を使って何かを実行する力を育てるのが、Bunkyo GCIの英語教育の基本スタイルです。自分たちの大学を英語で紹介する大学案内制作プロジェクトや、国際交流イベントの企画・運営プロジェクトなどを行い、英語力をListening、Writing、Reading、Speaking等と分解することなく、常に何らかの目標を達成するための力として総合的に鍛えていきます。
プレゼンテーション&ワークショップを重視
それぞれが事前にリサーチし、その結果を持ち寄ってプレゼンテーションし、ディスカッションしていくワークショップ型の授業を日常的に行っていきます。内容も、まずは自分たちが生まれ育った国のことを調べ、それを英語で海外の人に伝えられることから始めていきます。
実際のグローバル英語にふれる機会が豊富
グローバル英語の考え方に基づいた英語学習を重視しています。英語科目群以外の授業でもグローバル英語にふれる機会が多くあります。GCI共通科目群では特別講師として世界の様々な国の方々を招聘し、各国の多様な英語にふれることのできる講義を予定しています。また留学やインターンシップも世界の様々な国における大学・企業を予定しており、グローバル英語の実践学習の場を豊富に準備しています。

英語教育システム

教員は学習をコーディネートする役割
学習は受け身ではなく、主体となって進めてこそ、真の実力となるもの。Bunkyo GCIにおける英語教員とは、英語を教え込む先生ではなく、あなたのやりたい学びをコーディネートする役割です。
習熟度別にクラスを編成
英語運用力の習熟度によってクラスを編成。より上のクラスを目指して高いモチベーションで学び、ハイレベルなクラスはより高度な内容へと進んでいきます。