こんにちは♪コミュニケーション社会学科の貝瀬未侑です。私は、オープンキャンパス実行委員として、高校生に大学や自分の学科にいついて紹介しています。今日はblogで、私が入学してみて感じている事をお伝えしたいと思います。

■文京学院大学を選んだ理由

私がコミュニケーション社会学科を選んだ理由は、明確な夢や目標が決まっていなくても学べる学問が心理学・人間学・社会学と幅広く、視野が広がり、将来をじっくり考えられる環境だと思ったからです。また、フィールドスタディズという授業では、将来の進路を見つけるヒントとなる職場・現場体験が行われ、実習先も『一般企業』・『市役所』・『NPO法人』・『海外』等、充実していて、とても魅力に感じました。自分のやりたい事が実現できる学科だと思っています。

■文京学院大学に入学して感じる事

高校生の頃は、あまり積極的ではなく、自己主張もする方ではありませんでした。でも、中山ゼミで福島県逢瀬町の農家の方と活動したり、子どもの環境教育を行ったり、海外フィールドスタディズで自炊生活を体験したりするうちに積極的になってきたと感じています。幅広い年齢や国籍の違う方たちと触れあったことで、相手に自分の意思をしっかり伝えないと相互理解できないのだと学びました。私の人生初となったマルタ島は、とても刺激的な毎日の中で、現地の方や留学生と積極的にコミュニケーションを図る努力をしました。

■高校生に向けてメッセージ

将来を決められず、悩んでいる人もそうでない人も、様々な事を経験して自分の視野を広げ、自分のやりたい事・夢中になって頑張れる事を見つけて下さい!

 

BGU Information

コミ社の魅力は2年次から始まる約1カ月の体験学習「フィールドスタディズ」。地方活性や途上国支援、環境保全、気候・エネルギー・生態系などを考える「自然環境分野」をはじめ、海外の異文化理解を学ぶ「異文化・留学分野」、「地域社会・文化・メディア分野」など、多彩な実習先を用意しています。

*この記事を書いたのは2017年01月06日です。

このブログを書いたのは・・・

blog_profile_20161230_m-kaise_s

人間学部 コミュニケーション社会学科3年生

貝瀬未侑(かいせみゆ)

キャンパス情報

ふじみ野キャンパスのイメージです。

文京学院大学
オープンキャンパスメンバー

文京学院大学 学生BLOG協力メンバー