高校生のみなさん、初めまして。コミュニケーション社会学科3年の田㠀廣哉です。今日は、私が所属しているコミュニケーション社会学科の魅力をblogでお伝えしたいと思います。

■文京学院大学を選んだ理由

私は、高校生の頃から漠然と“何か自分を変えたいな…”と思うようになり、ボランティア活動に参加していました。その思いは、大学選びにも影響し、自分を変える事が出来そうな大学を探していて、そんな時に出会ったのが文京学院大学のコミュニケーション社会学科でした。“この学科だったら、自分のやりたい事が実現できそう!”“自分のやりたいと思える事に挑戦できそう!”と魅力に感じ、志望しました。

■文京学院大学に入学して感じる事

実際に始まった大学生活は、自分が想像していた以上に楽しいものでした。特に、コミュニケーション社会学科のカリキュラムにある『フィールドスタディズ』は、自分のやりたい事を自分の興味のある分野で挑戦していく事が出来るため、私が面白いと思っている授業の一つです。その他、地方や地域と密着したプロジェクトを行う環境教育研究センターの活動にも力を入れていて、残りの大学生活では出来る限り自分の知らない世界に足を踏み入れて、自分の視野や世界観を広げていきたいと感じています。

■高校生に向けてメッセージ

皆さんが過ごす一日一日を大切に!一生懸命に!想いを持って過ごしてください!

BGU Information

コミュニケーション社会学科は、2017年4月より「コミュニティ社会学科」に学科名変更を構想中!1・2年次は埼玉・ふじみ野を拠点に郊外・地方の人々と交流・協働し、3・4年次から東京・本郷で日本全体や世界を視野に入れた学びを展開。じっくり4年間で自分の進路を見つけることができます。

*この記事を書いたのは2016年12月09日です。

このブログを書いたのは・・・

blog_profile_20161209_h-tajima_s

人間学部 コミュニケーション社会学科3年生

田㠀廣哉

キャンパス情報

ふじみ野キャンパスのイメージです。

文京学院大学
オープンキャンパスメンバー

文京学院大学 学生BLOG協力メンバー