コミュニケーション社会学科4年の原みゆうです。私が学んでいる『コミュニケーション社会学科』って、どんな学科?と思っている高校生もいるかと思いますので、少しでも知ってもらえたらと思い、blogに書きます。

■文京学院大学を選んだ理由

私は、自分の視野を広げたいという理由から、専門学校を卒業後、3年次から文京学院大学に編入学をしました。最初は、社会現象やメディア・マスコミ等が影響を及ぼす人間の心理に興味があった為、心理学科希望で文京の入試相談会に参加。自分の学びたい内容を相談した結果、社会問題や社会学・社会心理学などを、幅広く学べるコミュニケーション社会学科を薦めて頂いたのがきっかけで入学しました。社会学がベースのこの学科は、自分の学びたい事・興味のある授業を選択しながら、目標を見つけていけるので、とても魅力的です。

■文京学院大学に入学して感じる事

高校生の時は、まったく別の夢を持っていましたが、視野を広げる意味で大学に入学してみたら、本当に色んな事を学べて色んな事を“知る”良い機会になりました。例えば、社会学の学びでは、家族社会学・消費社会学・地域社会学など、色んなアプローチの社会学があり、基礎から専門分野へと深く研究を進められます。初めから学びたい内容が決まっていなくても、学びたい分野を見つけられ、じっくりと将来と向き合うことができます。こうした知識と今までの経験を活かして社会で活躍出来る人物になりたいと思っています。

 

■高校生に向けてメッセージ

経験に勝る学びはない。色んな事に挑戦しよう!

BGU Information

コミュニケーション社会学科では、社会学を土台に文化・メディア・環境・地域・仕事・ライフスタイルをキーワードにした専門的な学びを実施。国内や海外にも飛び出して学ぶフィールドワークも充実しており、専門知識と実践力が着実につくカリキュラムになっています。

次回のオープンキャンパスは2016年11月19日(土)です!お待ちしています♪

*この記事を書いたのは2016年11月11日です。

このブログを書いたのは・・・

sutudentharamiyuumage2

人間学部 コミュニケーション社会学科4年生

原みゆう

キャンパス情報

ふじみ野キャンパスのイメージです。

文京学院大学
オープンキャンパスメンバー

文京学院大学 学生BLOG協力メンバー