文京学院大学を3月に卒業しました、村山みな美(心理学科)です。大学生活を振り返ってみると、4年間という期間は時間があるようで、あっという間でした。そして、高校生の参考になればと思い、大学生活のまとめをblogにしたいと思います。

●大学生活の思い出

私が大学生活で楽しいと感じていた事は、友達と参加した委員会活動や、大学のイベントです。委員会活動では、【オープンキャンパス実行委員会】と、【東日本復興支援委員会】に所属。委員会の活動では、自分たちで考えて動く事が多い為、団体を作り上げていく楽しさを知る事が出来ました。

大学生活の思い出

また、大学のイベントでは【30kmウォーク】や【五街道ウォーク】などに参加。

30kmウォーク

長い距離を、仲間と一緒に楽しみながら歩くイベントであり、普段長距離を歩く事が中々ない私にとって、大学生活でした味わう事の出来ない経験をする事が出来ました。

五街道ウォーク

●大学生活の中で見つけた将来の夢、目標

大学1年次の終わりごろ、心理学を活かせる仕事はどんな仕事があるのか…どんな場所で活躍する事が出来るのか、就きたい職業探しがスタート。もともと子どもが好きだった私は、心理学の勉強を活かしつつ、子どもと関われたらいいなという思いがあり、学校現場で働く事が出来る仕事に就きたいと思うようになりました。

その事を先生に相談したところ、“学校現場で働きたいのであれば、教職課程もとっておいた方がいいよ”とアドバイス頂き、教職課程の受講するようになったんです。教職課程も同時並行にて受講する事により、自分の就職先の幅が広がったと思います。

●高校生に向けてメッセージ

文京学院大学は、自分の挑戦したい事を全力でサポートしてくれる大学です。大学に入る前から目標がある人や、大学に入ってから目標が見つかる人など、様々だと思いますが、自分のやりたい事や体験したい事に積極的に踏み出せば、自分の事を支えてくれる人が周りにいる環境が、文京にはありました。

大学生活を充実したものにするかどうかは、自分が勇気を出して挑戦する事にあると、この4年間にて学びました。

一歩踏み出せばきっと、踏み出した分だけ楽しくなります!それが、大学生活です!!!

高校生のみなさんの大学生活も、素敵なものになるよう、応援しています。

*この記事を書いたのは2016年5月13日です。

文京学院大学
オープンキャンパスメンバー

文京学院大学 学生BLOG協力メンバー