こんにちは!経営学部の笠原です。今回は、僕が所属する経営学部とは何か?について、大学で学んで感じた事を簡単に紹介します。

経営学部を選んだ理由は、昔から商品開発をしたいと思っていたからでした。という事もあり、授業を受けていて楽しいと感じたのは【マーケティングⅠ】という授業です。

この授業は商品の売り方や、消費者購買の仕組みなどを学んでいく授業で、“どうしたら人気商品として売れるのか”・“消費者が買いたいと思ってくれるのか”等、マーケティングの視点から検討。

商品開発に興味のある僕にとっては、この授業が面白くて仕方ありませんでした!

そして、実際に学んで感じているのが、経営学部は『社会で生き抜く為に必要な力』が身に付く学部で、『物事を先読み出来る人物』を目指す学部だという事です。僕自身、行きたい学部は決まっていましたが、もし悩んでいる人がいれば、【先輩が大学で学んだ事】について聞いてみるのもいいかもしれません(`・ω・´)!!

~高校生へメッセージ~

経営学部に関して、“学部について悩んでいる”“学べる内容がよく分からない”という方がいれば、本郷キャンパスのオープンキャンパスにきて、緑のTシャツ(経営学部)の先輩に声をかけてみてください。先輩たちの大学や学部の志望理由なども、きっと参考になりますよ!まずは、オープンキャンパスへ!

*この記事を書いたのは2015年8月18日です。

次回のオープンキャンパスは2016年11月19日(土)です!お待ちしています♪

このブログを書いたのは・・・

笠原徳人(かさはらのりと)

経営学部 3年生

笠原 徳人

私が主にしている仕事は・・・

学生誘導

「誘導班」です。

キャンパス情報

本郷キャンパスイメージです。

文京学院大学
オープンキャンパスメンバー

文京学院大学 学生BLOG協力メンバー