在学生
メッセージ
アメリカの大学院に進学する。
自分史上、
もっとも勉強しています。

上原大基 理学療法学科 長野県 諏訪清陵高等学校出身

アメリカの大学院に進学する。
自分史上、
もっとも勉強しています。

1年生の頃はマッスルプロジェクト、2年生は野球部に没頭していました。そこで出会った友だちに、悩んでいるときに助けてもらいました。大学には、いろんなコミュニティがあり、参加すれば素敵な友だちに出会えます。学業、友だちといる時間の両方を大切にして、最高の時間を過ごしてください。

2年生の後期にスイッチが入ってから、めちゃくちゃ勉強しています。ただ、ぼんやりと授業に出ていた1年の自分が見ると絶対に驚きます。きっかけは、2年の秋に、日本理学療法学生協会の講演会で聞いた一色史章先生のお話。先生は学生の頃から、インターンシップでプロ野球球団のトレーナーを経験し、アメリカの大学院に進学、その後、イチロー選手や岩隈選手、川崎選手など有名選手を理学療法士としてサポートされた経歴の持ち主。「自分もそんなふうに働きたい」。気がつけば、勉強にも熱が入っていて、先生が登壇される講演会にはできるだけ足を運び、「どうすれば、アメリカで理学療法士になれますか?」と相談してみたり、目標に向けて自分ができることを精一杯していました。

もっと勉強したいと思っている時に、SPOLEC(スポレック)という理学療法学科のトレーナーサークルで代表をすることに。顧問の福井先生のお力もお借りして、得た知識を実践できる機会をつくりました。勉強させていただいているのは併設高校のバレーボール部。バレーボール特有の負担のかかり方や、現役選手の筋肉の張りや、成長期の骨格の変化など、自分の手で触れ、選手の悩みを聞くことでたくさんの発見がありました。今は、後輩に代表を引き継ぎ、アメリカの大学院への進学に向け、毎日勉強しています。父親も「お前が本気でやりたいなら、挑戦すればいい。ただ、しっかりと準備はしろ」と応援してくれている。目標までの道のりは長く険しいけど、必死に食らいついていきます。

※インタビュー内容はすべて取材当時のものです。